近くにないと意外と不便?!病院や買い物スポット

子どもがいるなら通学環境を考慮

住宅を購入するタイミングとして子供の小学校入学前にする人が多いようです。入学後だと転校が必要になるかも知れず、子供に負担をかけないためにも入学前に安定した住まいを用意するのが良いかも知れません。注文住宅だと購入の決定から住むまでに時間がかかるので、入学の数年前から立地選びなどの準備を進めるようにしましょう。子どもがいるときの立地の条件として、子供の通学環境を考慮することがあります。単に学校から近いだけでなく、通学路に危険な場所が無いかなどを考えながら探すようにしましょう。ただ子供が小中学校に通うのは10年もなく、あまり子供の通学環境を優先し過ぎるのも良くありません。他の条件と合わせて住みやすいところを選ぶ必要があります。

毎日の買い物や高齢者の通院に配慮

これから注文住宅を建てる時、土地選びから行えるならしっかり立地を考える必要があります。まず建てた家に誰が住むのかを考え、家族が住みやすくなる場所を考えるようにしましょう。夫婦と子供だけが住むなら買い物や学校などが近いところが良さそうです。買い物は生活において必須の行動になるので、あまり離れているとかなり住みにくくなります。できれば自転車で10分ぐらいで行けるところから選ぶようにしましょう。夫婦の親等高齢者が同居する時には医療機関の利用が多くなる可能性があります。内科や歯科などよく利用する医療機関が徒歩圏内にあれば通院の負担を軽減して生活できそうです。大きな病院の近くは音の問題もあるので避けた方がいい時もあります。